Latest metrics
1.739
JIF
1.985
5 year Impact Factor
746,426
Download
投稿はこちらから
EN
MENU

「ISIJ International」特集号「Recent Approaches to Control of Cohesive Zone Phenomena and Improvement of Permeability in Blast Furnace (高炉融着帯の制御と通気性向上に関する最近の進展)」原稿募集のご案内

特集号原稿募集
2019.01.11

「ISIJ International」
特集号「Recent Approaches to Control of Cohesive Zone Phenomena and Improvement of Permeability in Blast Furnace
(高炉融着帯の制御と通気性向上に関する最近の進展)」原稿募集のご案内


近年の資源動向および環境問題から、高炉は低炭素操業ならびに劣質資源の多量使用が求められている。このような操業条件下では、通気性低下やプロセス駆動力の低下により操業の不安定化が顕在化することが予想される。このような環境下でも高効率かつ安定に高炉を稼働させるためには、炉内圧損の大部分を発生させる融着帯の制御が必要である。本特集号では、高炉内融着現象の最新の研究成果を特集する。鉱石層の融液生成,粒子の軟化・融着,融体の滴下現象,充填層の通気予測など融着帯内で生起する現象に加えて、融着帯に供給される鉱石の性状に関与する還元反応や装入物制御から滴下帯内の融液流動やレースウェイ内の現象まで幅広い視点から高炉の高効率・低炭素操業に繋がる研究成果を募集する。

スコープ

石炭資源の事前処理技術(化学的・物理的操作による改質)、成型技術、新乾留技術(温度域毎に精緻な温度制御が可能な乾留プロセス)の研究、その他、コークスの利活用に関する研究など、新規なコークス製造プロセスにつながる基礎研究から応用技術開発までの最新の成果やレビュー論文を集大成する。

投稿締切

2019年11月1日(金)必着(締切日を過ぎて投稿された原稿は通常の投稿原稿として受付けます)

発行予定

「ISIJ International」 Vol.60(2020年),No.7(2020年7月発行)

投稿規程、審査方法

投稿規程は論文誌投稿規程(「ふぇらむ」6号および本会ホームページをご参照下さい。審査は通常の審査方法に準拠します。

企画世話人・問合せ先

埜上 洋 東北大学多元物質科学研究所学専攻
TEL. 022-217-5156 / FAX. 022-217-5211 (共通) / E-mail:nogami@tohoku.ac.jp

原稿送付先

電子投稿画面からご投稿ください。

電子投稿の操作に関し、ご不明の点は、本会編集グループにご連絡ください。
(Tel. 03-3669-5933 E-mail:editol@isij.or.jp